上三川町のみとう整骨院について

みとう整骨院は宇都宮ICからお車で5分の整骨院です。
栃木県内でも北関東でもバイタルリアクトセラピー(骨格矯正)が保険適用で受けられるのは当院のみです。
(※健康保険適用・自由診療のみの判断は症状により判断させていただきます。)

  • HOME
  • みとう整骨院について

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。名倉 みとう整骨院の院長を務める見當敦です。

東北柔道専門学校卒業後、仙台で開業される先生のお手伝いをさせていただき、地元である宇都宮に戻った後は、江戸時代より「骨接ぎの名倉」として外傷学を中心に施術を行ってきた千住の名倉病院(現:名倉クリニック)で学ばれた先生の下で修業をしてまいりました。

平成17年4月より上三川・本郷台団地内にて開業し、地域の皆様の支えになれるよう日々の施術を行ってきました。
令和元年5月、衝撃的な出会いがあり、従来の施術法とは全く異なる最先端の施術法の勉強を始め、令和3年1月より、バイタルリアクトセラピーの提供を始めました。
当院では、患者様の訴えを基に、痛みの原因の原因を突き止め、根本の原因を解決することを目標にしております。また、アスリートの方々、学生のお子様にはケガが起きないよう予防指導も行っております。
「ケガを治す」お手伝いをする「整骨院」ではなく、患者様自身の「自己回復力」・「自己治癒力」を高める環境づくりが当院の役割だと考え、生活環境の改善指導など、総合的なサポートを心がけておりますので、お悩みのことがございましたらお気軽にご相談ください。

バイタルリアクトセラピーとは

アメリカの5大カイロプラクターである故Dr.ピアースD. Cが開発し、山﨑雅文先生がコンピューターを搭載した医療装置によって研究・発展させた画期的な施術法です。 現在も新しい理論を発見・開発し、常に進化を続けています。
山﨑雅文先生は、国内の医師・医療従事者だけでなく、ドイツやオーストリアなどの、オピニオンリーダー達からも支持され、卓越した技術や理論・臨床実績を残しています。
従来の手の感覚に頼りがちであった施術から、提携医療機関での検査をはじめ、科学的な検査を用い、より安全に、より正確に施術する事を可能にし、今まで対応できなかった症状にもアプローチが可能になりました。

バイタルリアクトセラピーは常に進化しており、現在、アメリカ、ヨーロッパをはじめ諸外国のドクター達も取り入れ、日本でも年に8回定期セミナーを行っております。
当院でも定期セミナーに参加し、技術の向上に日々まい進しております。

2021年度バイタルリアクトセラピーリザルツセミナー修了証(年度更新)

略歴

出身 栃木県宇都宮市
1999年 東北柔道専門学校 卒業
1999年 柔道整復師免許取得
2005年 名倉 みとう整骨院 開院
2016年 機能訓練指導員資格所得
2019年 バルシューレジャパン公認 バルシューレ指導者C級 認定
2019年 POWER PLATE : PREPARE / PERFORM / RECOVER 認定
2020年 KT TAPE pro Seminar Master Course 認定
2020年 POWER PLATE WOMEN’S WELLNESS 認定

活動内容

2017年~ RUN伴栃木実行委員会上三川エリア長を務める
2018年 ロコモアドバイザーとちぎ認定
2018年~ 栃木照る照る坊主の会主催の職業人講話の講師を務める
2019年 『バルシューレすずめ校』開校
2020年 バイタルリアクトセラピー協会入会

感染症対策

当院では、新型コロナウイルス(COVIDー19)による世界的な感染拡大を受け、皆さまの健康と安全に配慮するために、下記対応を実施しております。

  • スタッフのマスク着用および手指アルコール消毒。
  • スタッフの体調チェックと診療開始前の検温。
  • ベッド等の院内共用設備の使用毎のアルコール消毒。
  • カーテンによりソーシャルディスタンスの確保。
  • 来院者様への出入り口での手指アルコール消毒。
  • 来院者様への石けんによる手洗いの徹底。
  • 来院者様の手洗い時の使い捨てペーパータオルの設置。
  • 施術時の飛沫防止のための施術者のフェイスシールドの着用。
  • 施術時の使い捨てフェイスペーパーの使用。
  • 来院時の非接触体温計による体温測定。
  • PM0.1μmレベルの微細な粒子を99.95%除去する空気清浄機を使用。
  • 常時換気を行うため、全熱交換器を使用(冬でも寒くなく施術を受けられます)。
  • 施術者・スタッフの定期的な(キットを使用した)抗原検査の実施

※患者様で抗原検査を行いたい方は1,000円にて抗原検査キットの販売(もしくは当院内での検査)を行っております。お気軽にご相談下さい。

また、下記に該当する方のご来院は自粛をお願いしております。

  • 発熱(37.5℃以上)、咳、のどの痛みなど、呼吸器系疾患の自覚症状がある方。
  • 感染者との濃厚接触から14日以上経過していない方。
  • 入国制限・入国後の観察期間を必要とされる国へ渡航して14日以上経過していない方。

_以上、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

LINE予約の流れ

自動応答のLINE予約システムにて24時間ご予約を承っております。

1.友だち追加

2.トーク画面へ

3.お客様情報入力フォームへ

4.必須項目のみご入力ください

5.予約へ進むをタップします

6.受けたい施術を選択します

7.初めてのかたはこちらをご選択ください

8.下にスワイプし日時選択へ

9.ご希望のお日にちのオレンジのをタップすると選択できるお時間が緑色ので表示されます

10.よろしければこの内容で予約するをタップします

11.ご予約内容の確認のメッセージが返信されますと予約完了です

初回の施術当日は問診票のご記入等のお時間が必要となりますので予約時間の15分前のご来院をお願いします。

※.予約内容を確認したい場合はページ下段の「機能一覧」を開き「予約確認」をタップします

※.「現在の予約」をタップすると現在の予約状況が自動で返信されます

※.ご都合によりキャンセルの際は該当のご予約の日程をタップしキャンセルが可能です

お問合せの際は下記お問合せ用LINEアカウントからお気軽にご相談ください。1対1でのチャット形式により施術前にご相談したいこと、施術の際に聞けなかったことなど、手が空き次第返信させていただきます。

事故にあった場合

交通事故の場合、自分で転んだりした時とは比べ物にならないぐらいの外力が加わり負傷することも多く、回復に必要な治療期間も患者様によって異なります。
明確な「痛み」がある場合はもちろん、病院にて検査をし、異常なしという診断を受けたけど何らかの「症状」がある場合など、お悩みの際はまずご相談ください。
当院では、自賠責保険使用の場合、一般的な整骨院で行う「電気をかけてマッサージ」や「関節をボキボキ鳴らす」といった施術ではなく、窓口の自己負担なしで質の高い施術が受けられます。
痛みの伴わない(=身体に負担をかけない)バイタルリアクトセラピーの施術により、根本治療を行います。

ー 必要なお手続き ー

1.まずは警察に連絡します。

交通事故に遭われた際は、気が動転していたり、極度の緊張などから受傷直後には直ぐに症状が自覚できない場合もあります。
当事者同士で解決しようとすることで、トラブルの原因となることもあります。
自動車事故の場合は警察への連絡が法律で義務付けられています。
また、負傷者がいる場合は、警察への連絡で救急車を呼んでもらうことも可能です。

2.相手方の身元や現場の状況を確認します。

相手の方の身元や連絡先、車種、現場の状況など、可能な限り記録しておきましょう。メモを取ることもあるかも知れませんが、携帯電話などで、写真で残しておきましょう。
お互いの言い分が食い違うこともありますので、状況証拠を残しておくことは後のトラブルを回避するため、重要です。

3.保険会社に連絡をしましょう。

加害者となってしまった場合にも、被害に遭われた方も、ご自分の保険会社に報告しましょう。
また、通院が必要な場合には、保険会社へのご連絡を事前にしておくと、窓口負担をせずに通院できます。
自賠責保険を使用する場合、医師の診察を受けていただきます。
提携先病院や患者様のかかりつけ医への紹介状や検査依頼書をお出ししますので、ご相談ください。
自賠責保険適用による施術が可能です。
※通院先は患者様の希望される病院・整形外科・整骨院への通院が可能です。すでに他院へ通院されている場合にも、転院や病院等との併用も可能です。

ー 弁護士の紹介も可能 ー

当院では、豊富な経験と知識を持った交通事故に強い弁護士をご紹介することも可能です。「保険会社とのやりとりがうまくいかない」など、お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

ー 労働災害 ー

当院では、通勤中や仕事中のケガによる労災保険の施術に対応しています。その場合、患者様の負担はありませんのでご安心ください。
また他院に通院されている方でも、当院に転院が可能です。責任を持って施術をさせていただきます。

交通事故に関するQ&Aはこちら

皆さまからのお声

各サイトに掲載されたみとう整骨院への口コミのページはこちら

バイタルリアクトセラピーやパワープレート、その他施術等に関するQ&Aはこちら。

バイタルリアクトセラピーに関するQ&A

パワープレートに関するQ&A

施術・通院に関するQ&A

交通事故に関するQ&A